(最終更新日:2018-09-22 21:27:14)
  コウマ キョウコ   KOMA KYOKO
  高馬 京子
   所属   情報コミュニケーション学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 著書  kawaii論(仮) (単著) 2019
2. 著書  ドミニック・マングノー著『コミュニケーションテクスト分析:フランス学派によるメディア言説分析への招待』石丸久美子、高馬京子訳 (共著) 2018/10
3. 著書  『越境する文化、コンテンツ、想像力』(松本健太郎、高馬京子共編) (共著) 2018/09
4. 著書  第276回日文研フォーラムめぐりめぐる日本文化 (共著) 2014/08
5. 著書  Globalization or orientalism? Japanese Astheticism through French influenced Japanese Fashion (単著) 2014/04
全件表示(29件)
■ 学会発表
1. 2018/07/05 Normative Femininity of Japanese Women and Kawaii constructed through discourses of Japanese Fashion Magazine anan n Comparison with ELLE France(22nd biennial Asian Studies Association of Australia Conference)
2. 2017/12/02 Archaeology of kawaiis(International WorkShop of Tsukuba University: Japanese Pop-Texts in Global Context)
3. 2017/11/02 Construction of kawaii as an idealised femininity disconnected with fashion placed in modern, western and urban contexts: A case of Japanese women's magazine anan(International Conference Urban speces and gender- Exploring gender, marginalization and equity in urban spaces in the Asia-Pacific)
4. 2017/09/06 Archaeology of Kawaiis: Representations of kawaii in Japan and France during the transnational communication age(COOL JAPAN: Creation, Production and Fabrication of the Cool)
5. 2017/08/30 The Construction of Idealised Femininity in Media: Longitudinal Content and Discourse Analyses of a Women's Magazine anan(The 15th International Conference of the European Association of Japanese Studies)
全件表示(29件)
■ 学歴
1. 2004/10~2007/06 Université Paris 12 Centre d'étude des discours,images, textes, écrits, communication(CEDITEC) Science de l'information et de la communication 博士課程単位取得満期退学
2. 2002/10~2004/10 Université Paris XII DEA: Discours, Pouvoir, Société 修士課程修了 DEA: Pouvoir, Discours, Société
3. 2001/04~2006/03 大阪大学 言語文化研究科 博士課程修了 言語文化学博士
4. 1999/04~2001/03 大阪大学 言語文化研究科 修士課程修了 言語文化学修士
■ 職歴
1. 2015/04~ 明治大学 情報コミュニケーション学部 助教授・准教授
2. 2013/09~2014/08 国際日本文化研究センター 研究員
3. 2012/09~2015/03 リトアニア国立ミーコラスロメリス大学 人文学研究科 助教授・准教授
4. 2013/02~2014/08 リトアニア国立ミーコラスロメリス大学 アジアセンター 所長
5. 2006/01~2013/08 リトアニア国立ヴィータウタスマグヌス大学 アジア研究センター 研究員
■ 主要学科目
地域文化論(フランス)、超域文化論、フランス語、ファッションスタディーズ、言説分析、記号論
■ 資格・免許
1. 2014/02 フランス准教授資格(CNU SECTION 15)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2020/03  フランスとリトアニアにおける社会規範としての女性性形成の比較研究 基盤研究(C) (キーワード:メディアのジェンダー表象 / リトアニア、フランス、日本の国際比較 / かわいい / 近代的VS脱近代的「女性」像 / 言説分析)
2. 2013/04~2014/03  国際研究コンフェランスJapan and Europe in Global Communicationとその成果出版(ミコラスロメリス大学) 国際交流基金助成 
3. 2012/04~2013/03  国際研究プロジェクトRepresentation of Japanese Popular Culture in Europeとその成果出版(ヴィータウタスマグヌス大学) 国際交流基金助成 
4. 2011/08~2012/07  Comparative studies on Reception of Japanese and Korean Popular Culture in Europeとその成果出版 サントリー財団助成国際研究プロジェクト 
5. 2011/04~2012/03  国際研究プロジェクトDevelopment of “Japan” in the West: Comparative studiesとその成果出版(ヴィータウタスマグヌス大学) 国際交流基金助成 
全件表示(7件)
■ 共同研究希望テーマ
1. トランスナショナル・コミュニケーション・メディアにおけるファッション表象の形成と伝達、
ファッションを通して構築される規範としてのジェンダー像形成の分析
日仏、及び国際比較