photo
    (最終更新日:2020-02-20 10:54:03)
  シマダ ゴウ
  島田 剛
   所属   明治大学  情報コミュニケーション学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. その他  「ジョセフ・スティグリッツ教授インタビュー『グローバル化する世界における経済学者の役割とは』(聞き手:島田剛)」、経済セミナー2020年2・3月号、日本評論社.   Link
2. 2020/01 論文  「貧困と雇用 ー アフリカにおける産業政策と経済学の役割」、経済セミナー2020年2・3月号、日本評論社 (単著)  Link
3. 2020/01 論文  “Why is Kaizen Critical for Developing Countries? – Kaizen as a Social Innovation in the Era of Global Inequality” In Hosono, Akio, John Page and Go Shimada. Forthcoming. eds. Workers, Managers, Productivity: Kaizen in Developing Countries. Singapore: Palgrave Macmillan (単著)  Link
4. 2020/01 論文  Hosono, Akio, John Page and Go Shimada. eds. Workers, Managers, Productivity: Kaizen in Developing Countries. Singapore: Palgrave Macmillan. (共著)  Link
5. 2019/08 論文  Ch12 "Does Environmental Policy Make African Industry Less Competitive? - The Possibilities in Green Indusrial Policy." In The Quality of Growth in Africa, edited by Ravi Kanbur, Akbar Noman and Joseph E. Stiglitz, 350-372. New York: Columbia University Press. (共著)  Link
全件表示(48件)
■ 学会発表
1. 2019/11/12 (基調講演)Redes de Trabajo Regionales - Perspectiva de Europa y Asia(Preparatory meeting to propose a Latin America and Caribbean Network on productivity in SMEs) Link
2. 2019/11/11 (特別講義)Kaizen para el Desarrollo Industrial: El Rol en la Mejora de la Calidad y la Productividad de las Pequeñas y Medianas Empresas (PYMES)(Tecnología de gestión de la producción en pequeñas y medianas empresas) Link
3. 2019/09/05 (講演)「なぜアメリカはカイゼンを戦後対日援助の柱にしたのか?  ー 新自由主義の時代における会社と雇用のあり方を考える」(JICAセミナー)
4. 2019/08/29 (パネリスト)スティグリッツ教授(ノーベル経済学賞)イベント「アフリカの質の高い成長 -持続可能、包摂的かつ強靭な開発を目指して(インターコンチネンタルホテル横浜、TICADサイドイベント) Link
5. 2019/08/27 (パネリスト)ノーベル経済学賞・ジョセフ・スティグリッツ教授と議論する『グローバル化する世界とアフリカ-SDGsの達成に向けて』明治大学・JICA研究所・コロンビア大学共催(明治大学アカデミーホール) Link
全件表示(63件)
■ 学歴
1. 2011/04~2014/06 早稲田大学 アジア太平洋研究科 博士課程修了 博士(学術)
2. 1998/09~1999/09 マンチェスター大学 経済学研究科 経済学研究科 開発経済学 修士課程修了 経済学修士(with Distinction)
■ 職歴
1. 2018/04~ 明治大学 情報コミュニケーション学部 准教授
2. 2014/03~ コロンビア大学 IPD (Initiative Policy Dialogue) 客員研究員
3. 2015/04~ JICA研究所 招聘研究員 Link
4. 2014/10~ 早稲田大学 レジリエンス研究所 招聘研究員 Link
5. 2017/04~ 静岡県立大学グローバル・スタディーズ研究センター研究員 研究員 Link
全件表示(11件)
■ 学内役職・委員
1. 2019/04/01~2021/03/31 明治大学 学生部委員
■ 主要学科目
国際経済論、ミクロ経済学、マクロ経済学 Link
■ 所属学会
1. 2019/03~ 開発経済学会
2. 2019/03~2021/09 ∟ 常任理事
3. 2014/11~ 人間の安全保障学会 Link
4. 2016/04~ ∟ 理事
5. 2014/09~ 国際開発学会 Link
全件表示(9件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2005/02~2007/09 国連代表部一等書記官
2. 1992/04/01~2015/03/31 国際協力機構(JICA)
●その他職務上特記すべき事項
1. 2016/04/01~2017/03/31 教務委員長(静岡県立大学 国際関係学部)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2022/03  アフリカ遊動社会における接合型レジリアンス探求による人道支援・開発ギャップの克服 科研費(A) 
2. 2017/04~2020/03  国際協力によるカイゼン支援の社会的なインパクトに関する研究 日本学術振興会: 科学研究費(基盤C) 
3. 2017/04~2019/03  政府開発援助によるカイゼン支援の貧困削減の可能性について その他の補助金・助成金 
4. 2012/04~2018/03  接合領域接近法による東アフリカ牧畜社会における緊急人道支援枠組みのローカライ ズ 日本学術振興会: 科学研究費(基盤A) 
■ 委員会・協会等
1. 2020/02/20~2020/10/31 欧州連合「日・EU戦略的パートナーシップ協定研究」研究代表 研究代表
2. 2019~2019 早稲田大学博士学位申請論文審査委員 委員
3. 2017/07~2018/03 JICA評価部 外部有識者
4. 2014~ ジャーナル・レフェリー Link
■ ホームページ
   Researchgate
   https://researchmap.jp/goshimada/
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2018/11 国際開発学会・特別賞
2. 2018/10 地域研究コンソーシアム賞 Link
■ 現在の専門分野
国際経済学, 開発経済学, 国際関係論・国際協力 (キーワード:国際経済学、開発経済学、産業政策、ソーシャル・キャピタル、災害復興(レジリエンス)、国連研究) 
■ 担当経験のある科目・講演等
1. 国際経済論、国際経済学(明治大学、静岡県立大学)
2. ミクロ経済学(明治大学)
3. マクロ経済学(明治大学)
4. 演習(明治大学、静岡県立大学)
5. 卒業論文指導(静岡県立大学)
全件表示(10件)