(最終更新日:2020-09-20 09:24:28)
  トミザワ シゲミ   Tomizawa Shigemi
  冨澤 成實
   所属   明治大学  政治経済学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2020/03 論文  子母澤寛と志賀直哉――動物作品をめぐって (単著) 
2. 2019/10 論文  子母澤寛文学賞と愛猿記賞 19日、表彰式とシンポ 石狩  
3. 2019/04 論文  文学周遊 志賀直哉「菜の花と小娘」 千葉・君津市 日本経済新聞(夕刊)2019・4・6  
4. 2019/03 論文  二人の父・阿久悠と上村一夫 (単著) 
5. 2019/03 論文  南舘信也氏聞き取り (共著) 
全件表示(55件)
■ 学会発表
1. 2019/10/19 子母澤寛と志賀直哉――動物作品をめぐって――(「子母澤寛文学賞」「愛猿記賞」第4回記念シンポジウム)
2. 2019/10/05 「恋愛」の日本近代文学(4) 武者小路実篤『友情』――永遠の青春小説を読む(明治大学リバティアカデミー)
3. 2019/06/15 成田社会人大学論文講座(明治大学・成田社会人大学)
4. 2019/04/06 阿久悠記念館 ロングセラーの裏側 阿久悠とぺんてるサインペン(関西テレビ「ウラマヨ!」)
5. 2018/10/20 志賀直哉『網走まで』を読む――「網走」という場所――(子母澤寛没後50年「厚田ふるさと平和・文学賞」第3回シンポジウム)
全件表示(38件)
■ 学歴
1. ~1990/03 立命館大学大学院博士課程後期課程 文学研究科 日本文学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. ~1987/03 立命館大学大学院博士課程前期課程 文学研究科 日本文学専攻 修士課程修了
3. ~1985/03 立命館大学 文学部 文学科日本文学専攻 卒業
4. 1987/03
(学位取得)
立命館大学 文学修士
■ 職歴
1. 2019/04~ 阿久悠記念館 運営責任者
2. 2016/04~ 明治大学史資料センター運営委員
3. 2015/04~ 明治大学政治経済学部 教授
4. 2015/04~2016/03 明治大学 明治大学史資料センター 調査員
5. 2013/04~2017/03 明治大学 文学部 兼担講師
全件表示(13件)
■ 学内役職・委員
1. 2015/04/01~2017/03/31 明治大学 政治経済学部経済学科和泉主任
2. 2013/04/01~2014/03/31 明治大学 学生相談員長
3. 2010/04/01~2014/03/31 明治大学 学生相談員
■ 教育上の業績
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2016/04/01~ 学部教育プロジェクト委員会委員長
2. 2006/04 国庫助成推進委員会委員
3. 2005/10 帰国生特別入学試験委員会委員
4. 2005/07 日本近代文学文庫選書委員会委員
5. 2005/04 人文科学研究所運営委員
全件表示(13件)
■ 主要学科目
国語表現、日本文学
■ 所属学会
1. 日本近代文学会
2. 昭和文学会
3. 有島武郎研究会
■ 資格・免許
1. 1987/03 高等学校教諭一級普通免許 国語
2. 1985/03 中学校教諭一級普通免許 国語
3. 1985/03 高等学校教諭二級普通免許 国語
■ 社会における活動
1. 2012/05~2012/07 第1回 明治大学和泉図書館企画展示 日本近代文学文庫展 ~和泉丘に文学の華ひらく~ 監修および「ごあいさつ」を執筆
2. 2002/10~2002/10 「東村山読書会」講師 2002.10.15 東村山中央公民館 村上春樹『風の歌を聴け』―リクエスト曲「カリフォルニア・ガールズ」
3. 2001/10~2001/10 「東村山読書会」講師 2001.10.16 東村山中央公民館 樋口一葉『たけくらべ』を読む
4. 2000/10~2000/10 「東村山読書会」講師 2000.10.17 東村山中央公民館 北村透谷『厭世詩家と女性』を読む
5. 2000/06~2000/06 「東村山読書会」講師 2000.6.20 東村山中央公民館 森鴎外『舞姫』を読む
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   志賀直哉研究 個人研究 (キーワード:",,")
2.   文学・美術雑誌としての『白樺』研究 個人研究 (キーワード:",,")
3.   日本の近現代家族についての研究 個人研究 (キーワード:",,")
4.   村上春樹の研究 個人研究 (キーワード:",,")
5. 2016/04~2018/03  阿久悠の時代観察と創作活動の実態分析―「阿久悠日記」と関係者の証言を中心に 平成28年度 基盤研究(C) 
■ 現在の専門分野
近代日本文学, 近代日本文化