(最終更新日:2018-10-09 13:27:45)
  ナカヤマ トモミ   Nakayama Tomomi
  中山 知己
   所属   専門職大学院  グローバル・ビジネス研究科
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2018/09 論文  物権法定主義と強行法(近江幸治・椿寿夫編著『強行法・任意法の研究』所収) (単著) 
2. 2017/07 論文  大規模別荘地管理契約についての個別の別荘地所有者による任意解除の効力(平成28.1.19東京高判) (単著) 
3. 2016/03 論文  ドイツ民法における任意法・強行法の議論序説――ラーバントを手がかりに (単著) 
4. 2016 論文  Die Entwicklung des Beseitigungsanspruchs des Hypothekengläubigers im japanischen Recht (単著) 
5. 2015/12 論文  ドイツ法における任意法・強行法の議論について (単著) 
全件表示(58件)
■ 学会発表
1. 1990/10 ドイツ土地債務の担保的機能について―近代的抵当権論の一考察(日本私法学会第54回大会)
■ 学歴
1. ~1986/03 立命館大学 法学研究科 博士課程単位取得満期退学
2. ミュンヘン大学 法学部 中退
3. 1984/03
(学位取得)
立命館大学 法学修士
4. 1978/04~1982/03 立命館大学 法学部 卒業
■ 職歴
1. 2004/04~2007/03 桐蔭横浜大学大学院 法務研究科 教授
2. 1999/04~2004/03 桐蔭横浜大学 法学部・大学院法学研究科 教授
3. 1986/04~1999/03 山口大学 経済学部経済法学科 助手、専任講師、助教授、教授
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2010/04/01~ Oh_o!Meijiを利用したレポート提出・評価
■ 所属学会
1. 2002/05~ 情報ネットワーク法学会
2. 1999/04~ 日独法学会
3. 1998/04~ 金融法学会
4. 1995/04~ 信託法学会
5. 1989/04~ 日本土地法学会
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   ドイツ抵当法を比較対象として担保法の基礎法理ならびに法律行為論を研究してきた。近時は金融取引に関する民法制度として物上代位・譲渡担保・物権的請求権・保証・代理・多角的法律関係などに関心がある  (キーワード:担保法,金融取引)
2.   抵当権・担保権の独立性  (キーワード:抵当権,担保権,独立性,付従性)
■ 現在の専門分野
民事法学(Civil Law), 担保法, 物権法, 保証法, ドイツ法