(最終更新日:2020-09-16 18:03:25)
  タケダ タクミ   Takeda Takumi
  武田 巧
   所属   明治大学  政治経済学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2020/09 その他  駿風 (単著) 
2. 2019/12 論文  追悼文 (単著) 
3. 2015/06 著書  2014年度明治大学新領域創成型研究「デルファイ法による大学国際化指標体系の構築」研究報告書 (共著) 
4. 2014/10 論文  明治大学の教育-政治経済学部のグローバル化の歩みとトップ・スクール・セミナーー (単著) 
5. 2013/07 論文  大学の教授、准教授が選んだ夏休みにオススメの本『市場を創る-バザールからネット取引まで-』 (単著) 
全件表示(33件)
■ 学会発表
1. 2015/11/15 UC Berkeley Summer Sessions への挑戦:明治大学政治経済学部の試み(グローバル人材育成教育学会第3回全国大会)
■ 学歴
1. ニューヨーク州立大学バッファロー校 経済学部 卒業
2. 1987/04~1992/03 明治大学 政治経済学研究科 経済学専攻 博士課程単位取得満期退学
3. 1987/03/26
(学位取得)
明治大学 経済学修士
4. 1984/04~1987/03 明治大学 政治経済学研究科 経済学 修士課程修了
5. 1982/09
(学位取得)
ニューヨーク州立大学バファロー校 BA in Economics
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 2019/05~ 外務省 研修所 研修所講師
2. 2015/08~2015/08 タイ王国シーナカリンウィロート大学 経済公共政策学部 客員教授
3. 2013/08~2013/08 タイ王国、シーナカリンウィロート大学 経済公共政策学部 客員教授
4. 2013/04 明治大学 政治経済学部 専任教授
5. 2008/04~2018/08 外務省 専門職採用試験委員
全件表示(16件)
■ 学内役職・委員
1. 2020/04/01~ 明治大学 副教務部長
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2020/09/20~ 遠隔授業用教材作成及び実践
2. 2020/04/01~ 遠隔授業用教材作成及び実践
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2012/11/15 現代国際経済論
2. 2010/07/20 入門マクロ経済学
3. 2008/12/20 入門ミクロ経済学
■ 所属学会
1. 2000/04 日本経済学会
2. 2003~2003 ∟ 2003年度秋季大会運営委員
3. 1987/04 日本経済政策学会
4. 2004/04~2013/03 ∟ 関東部会理事
5. 2013/04 ∟ 常務理事
全件表示(9件)
■ 社会における活動
1. 2020/05~2020/05 Remote class on Japanese economy to students at Northeastern University, U.S.A.
2. 2013/08~2013/08 タイ王国シーナカリンウィロート大学経済公共政策学部客員教授として、博士課程在籍者に対して、日本経済に関する3時間講義を8回実施(英語)。
3. 2011/12~2011/12 財団法人日本国際協力センター(JICE)「21世紀東アジア青少年大交流計画 オーストラリア日本語履修大学生の企業文化等研修プログラム」での日本の経済概要講義(英語)
4. 2011/12~2011/12 財団法人日本国際協力センター(JICE)ウズベキスタンADB委託「平成23年度財政運営管理改善研修」にて日本経済論講義(英語)
5. 2011/07~2011/07 財団法人日本国際協力センター(JICE)「21世紀東アジア青少年大交流計画 ニュージーランドからの若手社会人招聘プログラム」での日本の経済概要講義(英語)
全件表示(8件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   スタグフレーションに関する研究 個人研究 (キーワード:スタグフレーション,インフレーション,失業)
2.   日本型市場経済システムの研究 個人研究 (キーワード:終身雇用,系列,株式持合い)
3.   異なった市場経済システムの比較研究 個人研究 (キーワード:日本型市場経済システム,アングロ・サクソン型市場経済システム,)
4.   経済システムの比較制度分析 個人研究 (キーワード:",,")
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
経済学原論, 経済政策, 経済理論(General Theory of Economics), 経済政策(含経済事情)(Economic Policy (including Economic Condition))