(最終更新日:2021-05-15 17:05:44)
  カワノ マドカ   KAWANO Madoka
  河野 円
   所属   明治大学  総合数理学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2021/03 論文  日本のEAPプログラムにおける効果的なライティング指導 明治大学人文科学研究所紀要 88,136-164頁 (単著) 
2. 2021/03 論文  概念理解に基づいたEAP教育の設計と評価 JACET-KANTO Journal 8,98-114頁 (共著) 
3. 2021/03 論文  大学における5段落エッセイ(Five-Paragraph Essay)を用いたライティング指導-議論 構成に焦点をあてて― JAAL in JACET Proceedings 3,85-92頁 (単著)  Link
4. 2019/03 論文  理系学生を対象としたEAP教材の開発―足場掛けの設計試案― JAAL in JACET Proceedings (1),172-175頁 (共著) 
5. 2018/07 論文  A Teaching Approach to Develop Basic Academic Writing Ability and Logical Thinking Skills for Japanese University Students The Asian Conference on Language Learning 2018 Official Conference Proceedings pp.389-400 (単著) 
全件表示(20件)
■ 学会発表
1. 2020/11/27 Raising Critical Thinking in L2 Writing Pedagogy: Perspectives from the United States and Japan.(Asia TEFL 2020)
2. 2020/01/11 The Effects of an English Essay Writing Module on the Attitudes of University Students in Japan(The IAFOR international Conference on Education – Hawaii (IICE Hawaii2020))
3. 2019/03/11 Tips to Teach L2 Writing and Logical Thinking Skills(54th RELC International Conference)
4. 2018/08/28 A Survey on How University First-Year Students Understand and Perceive "Learning" English: Design and Results(The 57th JACET International Convention)
5. 2018/08/25 大学入学時の英語パラグラフ・ライティング力調査からの提案(第44回全国英語教育学会京都研究大会)
全件表示(18件)
■ 学歴
1. コロンビア大学 ティーチャーズカレッジ 第二言語習得 博士課程中退
2. ブリティッシュ・コロンビア大学 第二言語習得 修士課程修了 MA
3. 津田塾大学 学芸学部 英文学科 卒業
■ 職歴
1. 2013/04~ 明治大学 総合数理学部 教授
2. 2020/09~2021/03 University of Hawaiʻi at Mānoa Second Language Studies Visiting Colleague
3. 2010/04~2013/03 星薬科大学 薬学部 英語研究室 教授
4. 2005/04~2010/03 星薬科大学 薬学部 英語研究室 助教授/准教授
5. 2000/09~2005/03 星薬科大学 薬学部 英語研究室 専任講師
■ 教育上の業績
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2013/02/10 薬学英語 2 (改訂版)
2. 2012/02/20 薬学英語 1 (改訂版)
3. 2011/02/11 プライマリー薬学シリーズ1 薬学英語入門
■ 所属学会
1. 2012/04~ 大学英語教育学会 理事
2. 2007/07~ 日本薬学英語研究会 設立会員
3. TESOL
4. 外国語教育メディア学会
5. 2015/04~ 全国英語教育学会 (JASELE, KATE)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~  英語教員と専門科目教員の協働によるSTEM(数理科学系)英語教育開発と効果検証 基盤研究(C) 
2. 2020/04~  高大連携の英語ライティング指導体制の構築ー高大の教員が協働で行う指導書作成と研修 基盤(C) 
3. 2017/04~2021/03  EAP教育の開発とその評価―バイリンガリズム理論におけるCALPの発達の観点から 基盤研究(C) 
4. 2014/04~2017/03  PISA型リテラシーを育成する英語教育の研究 基盤研究(C) 
■ 科研費研究者番号
20328925