photo
    (最終更新日:2021-03-01 19:06:24)
  タケノ ジュンイチ   Takeno Junichi
  武野 純一
   所属   明治大学  理工学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2021 著書  Self-Aware Robots -On the path to Machine Consciousness-   (単著)  Link
2. 2020 論文  A Robot Science Approach to a Consciousness Model of Major Depressive Disorder Procedia Computer Science (post-proceeding) 169,pp.76-80 (共著) 
3. 2020 論文  A Robot Science Approach to Simulating the Pathogenesis of Dissociative Identity Disorder Procedia Computer Science 169,pp.46-50 (共著) 
4. 2019/01 論文  A Consideration of the Pathogenesis of DID from a Robot Science. Perspective. Proceedings of the Ninth Annual Meeting of the BICA Society Springer LINK Jan. 2019,pp.334-340 (共著) 
5. 2018 論文  Application of a Conscious System for a Study on Obsessive-compulsive Disorder Procedia Computer Science 145,pp.646-651 (共著) 
全件表示(144件)
■ 学会発表
1. 2006/03/15 ロボットの意識を計算する -意識モジュールと鏡像認知の実験ー(電気学会研究会、ソフトコンピューティングと産業システムデザイン)
2. 1998/09 3次元視覚センサPRPSについての研究
3. 1998/09 4CCカメラを用いた2眼式視覚システムの構成
4. 1998/09 ネットワーク化経路マップに基づく野外移動ロボットのナビゲーション
5. 1998/09 処理系へのニューラルネットワークの利用
全件表示(11件)
■ 学歴
1. 明治大学 工学研究科 電気工学 博士課程
2. 明治大学 工学部 電気工学
3.
(学位取得)
明治大学 博士(工学)
■ 教育上の業績
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2012/04~2014/11 理工学部創設70周年記念行事の実行委員長
2. 2005/12~2012/03 学長室専門員(納谷学長、2期)
3. 1998~ 理工学部教授
4. 1996~2002 ハイテクリサーチセンター構想に参画
5. 1993 大学院(理工学研究科)担当
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. Advanced Robotics(ロボット学会欧文読)
2. 1998~1999 ∟ 委員長
3. IFTOMM
4. 1999~2003 ∟ アジアプレジデント
5. Inteligent Autonomous Systems
全件表示(12件)
■ 社会における活動
1. 2020~ Journal of Artificial Intelligence and Consciousnessのエディタ
2. 2017/08 ロシアの元国営TV局RIA「スマートマシンを作成することで、私たちは自分自身を知ることを可能にします」 Link
3. 2016~ ELSEVIERのエディタ
4. 2008/03 ドイツTV SAT1 科学番組「プラネトピア」へのTV出演
5. 2007 ロイター通信の取材を受ける「ヒトの言葉に感情的に反応するロボット」
全件表示(27件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   建設ロボットに関する研究 産学連携による受託・共同研究等 
2.   防災ロボットに関する研究 産学連携による受託・共同研究等 
3.   遠隔立体視システム 産学連携による受託・共同研究等 
4.   ヒューマノイド頭部ロボット 個人研究 (キーワード:ロボット,頭部,頸部)
5.   ロボットと人間の感性情報処理に関する研究 個人研究 (キーワード:",,")
全件表示(12件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2018/08 生物学的認知設計学会 Outstanding Research Award
2. 2017/08 Biology Inspired Cognitive Architecture Society BICA Research Prize
3. 2014 日本ロボット学会 学会フェロー
4. 2005 The Best Paper of IEA・AIE2005
5. 2004 CCCT'04方法論部門ベストペーパー
全件表示(9件)
■ 現在の専門分野
自律移動ロボット/ロボット用視覚/ロボット科学/ヒューマノイドロボ(Autonomous,Robotics,Robot Vision,Kansei of Robot,Heumanoid Robotics), 機械意識(Machine Consciousness), 感性情報処理, ロボット学(Robotics), 人工視覚(Machine Vision), 知識科学, 情報科学