photo
    (最終更新日:2020-06-30 08:41:29)
  クラモト ノボル   Kuramoto Noboru
  倉本 宣
   所属   明治大学  農学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2020/04 論文  ジェネラリティからスペシャリティへ―赤塚公園大門地区の自然をみる眼の変化― (単著) 
2. 2020/03 論文  人と環境(26)都市の中に残された半自然草地としての刈取り草地 (単著) 
3. 2020 論文  小学校理科教科書に見られる生物多様性保全の学習内容 : 生物多様性の概念と保全の活動に注目して (共著) 
4. 2019/09 論文  カワラノギク個体群におけるツツミノガ属の1種の分布 (共著) 
5. 2019/09 論文  葛西臨海公園の護岸におけるウラギクの 分布規定要因の検討 (共著) 
全件表示(253件)
■ 学会発表
1. 2018/12/17 Spreading of alien ‘wild flowers’ (Coreopsis spp.) in the Tama River basin(イギリス生態学会大会2018)
2. 2015/03/21 丘陵地の里山にある大学農場の自然生態園の現状と課題(日本生態学会大会)
3. 2015/03/21 八丈島における着生シダの分布特性とシダ植物が着生したビロウの特性(日本生態学会大会)
4. 2015/03/21 我が国におけるカワラノギクの現状と保全上の課題(日本生態学会大会)
5. 2015/03/21 枯死木の管理手法の異なる緑地におけるコゲラの採食生態(日本生態学会大会)
全件表示(156件)
■ 学歴
1.
(学位取得)
東京大学 博士(農学)
2.
(学位取得)
東京大学 理学修士
3. 1981/04~1983/03 東京大学 理学系研究科 植物学 博士課程中退
4. 東京大学 理学系研究科 植物学 修士課程修了 理学修士
5. 1975/04~1979/03 東京大学 理学部 生物学(植物学) 卒業
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2002/04~ 動物園と連携した地学実験のアクティブラーニング
2. 1996/04/01 緑地行政の実務景観を生かした教育
●実務教育についての特記事項
1. 2016/04/01~2018/03/31 農学研究科大学院委員
2. 2011/04/01 ボランティアセンター副所長(生田担当)
3. 2008/06/01~2010/03/31 農学部教務主任
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(10件)
■ 主要学科目
復元生態学(2019より生物多様性デザイン学)
■ 所属学会
1. 日本植物学会
2. 日本環境学会
3. 日本環境教育学会
4. 日本生態学会
5. 2003~2018/02 ∟ 第二和文誌編集委員
全件表示(13件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 里山と生物多様性の保全活動
■ 社会における活動
1. 2017/04 国立市環境審議会委員
2. 2017/04 生田緑地マネジメント会議会長
3. 2016 国立市まちづくり審議委員
4. 2013/04~2015/03 生田緑地自然会議会長
5. 2010/10 茅ヶ崎市みどり審議会委員
全件表示(17件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   カワラノギクの保全に関する研究 産学連携による受託・共同研究等 
2.   伊豆諸島の生態系の保全 国内共同研究 (キーワード:",,")
3.   河辺植生の保全生物学的研究 国内共同研究 (キーワード:カワラノギク,メタ個体群,)
4.   遺伝子レベルの多様性の保全 国内共同研究 (キーワード:個体群,増殖,)
5.   都市公園における環境教育 国内共同研究 (キーワード:",,")
全件表示(10件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2017/11 とうきゅう環境財団社会貢献学術賞
2. 2015/04 東京都公園協会奨励賞
3. 2006 日本緑化工学会賞(技術賞)
4. 1997 日本造園学会賞
5. 1987 日本造園学会研究奨励賞
全件表示(6件)
■ 現在の専門分野
園芸・造園学(Horticulture and Landscape Architecture), 生態(Ecology), 資源保全学(Resource Maintenance Studies)