(最終更新日:2021-09-22 15:51:34)
  カトウ カズオ   katou kazuo
  加藤 和夫
   所属   明治大学  理工学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2021/08 著書  Basic Study of Ultrasound Hyperthermia Using Acrylic Guide   (共著) 
2. 2021/08 著書  Heating characteristic of developed rectangular resonant cavity applicator with ultrasound temperature measurement system   (共著) 
3. 2021/08 論文  Heating Properties of RF Capacitive Applicators with Temperature Measurement Functions from Ultrasound Images   (共著) 
4. 2021/01 著書  Non-contact method of controlling heated area using development rectangular resonant cavity applicator   (共著) 
5. 2020/12 論文  Basic Study of 3-D Non-Invasive Measurement of Temperature Distribution Using Ultrasound Images during HIFU Heating  5(6),pp.1306-1311 (共著) 
全件表示(156件)
■ 学会発表
1. 2021/09/04 深部加温を目的とした開放型空胴共振器加温システムの開発(日本ハイパーサーミア学会第38回大会)
2. 2021/09/03 小型矩形空胴共振器アプリケータを用いた三次元超音波温度分布計測手法の検討(日本ハイパーサーミア学会第38回大会)
3. 2020/10 可変型電磁シールドを有する矩形空胴共振器アプリケータの加温特性(日本設計工学会2020年度秋季大会研究発表講演会講演論文集)
4. 2020/10 複数組織の集束超音波加温時における非侵襲温度計測に関する基礎検討(日本設計工学会2020年度秋季大会研究発表講演会講演論文集)
5. 2020/09 人体形状寒天ファントム内部の超音波三次元温度分布計測に関する基礎検討(日本ハイパーサーミア学会第37回大会プログラム・抄録集)
全件表示(238件)
■ 学歴
1. ~1976/03 明治大学 工学研究科 修士課程修了
2. ~1974/03 明治大学 工学部 卒業
3. 長岡技術科学大学 博士(工学)
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2017/11/01~ 機械情報工学科、就職指導にともなうOh-o!明治システムの活用
2. 2003/04/01~ 大学院生を対象とした国内学会および国際会議における研究発表の実施
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2015/10/07 学生優秀発表指導教員賞(日本設計工学会春季研究発表講演会)
2. 2013/10/04 学生優秀発表指導教員賞(日本設計工学会春季研究発表講演会)
3. 2012/09/28 学生優秀発表指導教員賞(日本設計工学会春季研究発表講演会)
全件表示(8件)
■ researchmap研究者コード
1000050479
■ 社会における活動
1. 2011/06~2011/06 創立130周年記念 明治大学公開講演会
2. 2006/11 テレビ放映 知恵の輪ニッポン「局部加温用立体共振器」 テレビ新広島、BSフジ、千葉テレビ放送、テレビ埼玉、 テレビ神奈川
3. 2006/10 明治大学科学技術研究所公開講演会 「最先端メディカルエンジニアリング」
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2021/03  無侵襲温度計測機能を有する非接触型立体共振器アプリケータの開発 基盤研究(B) 
2. 2017/04~2020/03  超音波温度モニタリングを指標とした膝関節抗加齢療法の開発 基盤研究(C) 
3. 2014/04~2017/03  MRIによる非侵襲温度分布モニタリングを指標とした関節深部加温法の開発 基盤研究(c) 
4. 2013/04~2016/03  超音波ガイド機能を有する非侵襲癌温熱治療システムの構築(研究代表者) 基盤研究 (C) 
5. 2008/04~2011/03  非侵襲癌温熱治療技術の確立を目的とした治療支援システムの構築(研究代表者) 基盤研究 (C) 
全件表示(18件)
■ 委員会・協会等
1. 日本ハイパーサーミア学会 評議員
2. 日本ハイパーサーミア学会学会誌 編集委員
3. 日本学術振興会「量子ビーム融合化利用研究」に関する先導的研究開発委員会 委員
4. 電気学会生体を含む電磁界解析技術調査専門委員会 委員
■ 受賞学術賞
1. 2016/10 日本設計工学会 日本設計工学会 学生優秀発表指導教員賞
2. 2013/10 日本設計工学会 学生優秀発表指導教員賞
3. 2012/09 日本設計工学会 学生優秀発表指導教員賞
4. 2011/10 日本設計工学会 学生優秀発表指導教員賞
5. 2010/11 The 2nd International Conference on Design Engineering and Science(ICDES2010) Best Paper Award
全件表示(7件)
■ 現在の専門分野
医用工学(Medical Engineering), 熱工学(Heat Engineering), 放射線科学(Radiology) (キーワード:有限要素法、非定常熱伝導解析、電磁界解析、コンピュータシミュレーション、癌の温熱療法) 
■ 取得特許
1. 2010/07/09 局所加温用加温モード特定方法及び装置(4543219)
2. 2010/06/25 局所加温装置(4534053)
3. 2010/06/18 局所加温用立体共振器及びこれを用いた局所加温装置(4528942)
■ 産学官連携(研究方針)
医療分野、特に「ハイパーサーミア」分野の機器開発を行っていますが、これを応用した「リウマチ治療」等のリハビリ用機器に関しても可能です。
人体モデル化、これを用いた「熱分布計算」についても可能です。
■ 共同研究希望テーマ
1. 各種有限要素法解析の応用