(最終更新日:2023-08-10 22:37:44)
  イトヤマ キョウ   Itoyama Kyo
  糸山 享
   所属   明治大学  農学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2023/12 論文  神奈川県川崎市におけるネオニコチノイド剤の効果が劣るワタアブラムシの発生 関東東山病害虫研究会報 70,印刷中頁 (共著) 
2. 2023/03 論文  明治大学生田キャンパスのブルーベリー研究圃場で捕獲された土着カブリダニ類の種構成 明治大学農学部研究報告 72(2),27-31頁 (共著) 
3. 2023/03 論文  明治大学生田キャンパスの露地圃場で栽培したスイカとカボチャにおけるヒメハナカメムシ類の発生推移 明治大学農学部研究報告 72(2),23-26頁 (共著) 
4. 2022/12 論文  Influence of host age and low-temperature storage on parasitization by the egg parasitoid Trissolcus japonicus (Hymenoptera: Scelionidae) Applied Entomology and Zoology Online (共著)  Link
5. 2022/12 論文  明治大学生田キャンパスの露地圃場で栽培したニガウリにおけるヒメハナカメムシ類の発生推移 関東東山病害虫研究会報 69,67-70頁 (共著) 
全件表示(63件)
■ 学会発表
1. 2022/04/08 ハエ目昆虫由来培養細胞株に潜在感染するウイルスの網羅的探索(第74回日本衛生動物学会大会)
2. 2022/03/21 キンイロヌマカのRNAウイルス叢解析および分離された新規フラビウイルスの性状解析(第66回日本応用動物昆虫学会大会)
3. 2022/03/21 ツヤアオカメムシ卵の日齢および低温保存が卵寄生蜂ニホンタマゴクロバチの寄生に与える影響(第66回日本応用動物昆虫学会大会)
4. 2022/03/21 ツヤケシオオゴミムシダマシの蛹を用いた天敵昆虫クロサワオオホソカタムシの飼育(第66回日本応用動物昆虫学会大会)
5. 2022/03/21 関東3県のオクラにおけるヒメハナカメムシ類の種構成(第66回日本応用動物昆虫学会大会)
全件表示(122件)
■ 学歴
1. ~1999/03 鹿児島大学 連合農学研究科 博士課程修了 博士(農学)
2. 1994/04~1996/03 佐賀大学 農学研究科 応用生物科学専攻 修士課程修了 農学修士
3. ~1994/03 佐賀大学 農学部 卒業
■ 職歴
1. 2022/04~ 明治大学 農学部 農学科 専任教授
2. 2014/04~2022/03 明治大学 農学部 農学科 専任准教授
■ 所属学会
1. 1994/08~ 日本応用動物昆虫学会 Link
2. 2011/01~2012/12 ∟ 和文誌編集責任者
3. 2011/01~2014/12 ∟ 編集委員
4. 2017/04~2021/03 ∟ 理事(常任評議員)
5. 2017/04~ ∟ 代議員(評議員)
全件表示(13件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/10~  天敵昆虫を飼育・増殖するための代替飼料の開発 企業からの受託研究 
2. 2017/04~2019/03  防虫フィルタシステムの開発に関する研究 企業からの受託研究 
3. 2016/04~2019/03  卵寄生蜂ニホンタマゴクロバチTrissolcus japonicusの生態学的特性の解明 個人研究 
4. 2010/04~2013/03  天敵昆虫サビマダラオオホソカタムシの大量増殖を可能にする飼育温度条件の解明 個人研究 
5. 2008/04~  家庭園芸向け害虫防除技術の実用化研究 企業からの受託研究 
全件表示(7件)
■ 現在の専門分野
応用昆虫学(Applied Entomology)