(最終更新日:2015-02-14 17:08:48.539)
  ハンダ タカシ   Handa Takashi
  半田 高
   所属   明治大学  農学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2012/10 著書  Current frontiers and perspectives in cell biology  pp.Genetic transformation and analysis of protein-protein interaction of class B MADS-box genes. p.163-178 (共著) 
2. 2010/05 著書  Protocols for in vitro propagation of ornamental plants  pp.Azalea phylogeny reconstructed by means of molecular techniques. p.349-364 (共著) 
3. 2010/05 論文  Ectopic expression of an AP3-like and a PI-like genes from ‘Sekkoku’ orchid (Dendrobium moniliforme) causes the homeotic conversion of sepals to petals in whorl 1 and the suppression of carpel development in whorl 4 in Arabidopsis flowers Plant Biotech. 27,pp.183-192 (共著) 
4. 2010/04 論文  Azalea phylogeny reconstructed by means of molecular techniques Methods Mol. Biol. 589,pp.349-364 (共著) 
5. 2009/08 論文  DMMADS4, a DEF-like gene from Dendrobium is required for floral organ identity and flower longevity of orchid Acta Hort. 936: 259-264 936,pp.259-264 (共著) 
全件表示(114件)
■ 学会発表
1. 2010/11/01 ラン科Dendrobium属のrDNA-ITSデータベースを用いた生薬「石斛」の基源植物の同定(日本DNA多型学会 第19回学術集会抄録)
2. 2010/09/01 Development of microsatellite markers in Iris ensata (Iridaceae)(28th IHC abstracts)
3. 2010/03/20 SSRマーカーに基づく常緑性ツツジ九州野生集団の遺伝的構造の解明と園芸品種群との関係(園芸学研究)
4. 2010/03/20 ハナショウブにおけるマイクロサテライト(SSR)マーカーの開発とSSR解析(園芸学研究)
5. 2009/11/01 Molecular phylogenetics of Dendrobium section Formosa (Orchidaceae) based on nuclear and plastid DNA sequences(5th International symposium on diversity and conservation of Asian orchids Abstracts)
全件表示(7件)
■ 学歴
1. 筑波大学 農林学類 生物資源生産学 卒業
2.
(学位取得)
筑波大学 農学博士
3.
(学位取得)
筑波大学 農学修士
4. 筑波大学大学院 農林学 博士課程
■ 所属学会
1. 国際園芸学会
2. 国際植物組織培養学会
3. 園芸学会
4. 日本植物細胞分子生物学会
5. 日本育種学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   花の栽培技術開発  
2.   花の遺伝子組換え技術開発  
3. 2005  花の香りの評価と利用 国内共同研究 (キーワード:花の香り,心理的評価,センサー)
4. 2001  花卉園芸植物遺伝資源の分子遺伝子学及び分子育種学 国際共同研究 (キーワード:園芸,植物,分子生物学)
■ 現在の専門分野
園芸学・造園学(Gardening/Garden Landscaping)