(最終更新日:2022-06-02 18:53:45)
  スズキ タケト   SUZUKI Taketo
  鈴木 健人
   所属   明治大学  情報コミュニケーション学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2022/10 論文  米英共同覇権と対ソ連封じ込め政策:1950年春の米英仏外相会談準備作業 明治大学社会科学研究所紀要  (単著) 
2. 2022/03 論文  情報コミュニケーション学への招待  249-250頁 (共著) 
3. 2021/09 著書  『米中争覇とアジア太平洋:関与と封じ込めの二元論を超えて』   (共著) 
4. 2021/03 論文  研究用基礎資料紹介  アメリカ外交と情報収集活動 Brill online primary sources: Cold War Intelligence; U.S. Intelligence on Asia, 1945-1991; U.S. Intelligence on Europe, 1945-1995.  図書の譜 明治大学図書館紀要 (25),55-60頁 (単著) 
5. 2019/03 論文  冷戦期イギリスの政策構想と米英関係 戦略研究 24,65-85頁 (単著) 
全件表示(51件)
■ 学会発表
1. 2022/05/22 冷戦初期米英の共同覇権と世界戦略における協調と対立(第72回日本西洋史学会 自由論題報告 現代史部会2)
2. 2010/06 「オバマと核軍縮」(「現代アメリカ政治」分科会)
3. 2008/05 「イギリスの東南アジア政策」に対するアメリカ冷戦外交の影響(イギリス帝国史研究会2008年度例会)
4. 2008 「第二次世界大戦後の東南アジアとコモンウェルス」の研究報告に対するディスカッサント(英帝国史研究会)
5. 2006/05 「原爆投下の歴史的背景」(ヒロシマ・ピースフォーラム)
全件表示(12件)
■ 学歴
1. 学習院大学 博士(政治学)
2. 1988/09~1990/07 シカゴ大学 政治学部大学院 博士課程留学
3. 学習院大学 政治学研究科 博士課程単位取得満期退学
4. 学習院大学 政治学研究科 修士課程修了 政治学修士 
5. 学習院大学 法学部 政治学科 卒業
■ 職歴
1. 2016/09~2018/03 ロンドン大学アジア・アフリカ研究学院 客員研究員
2. 2009/12~2009/12 広島市立大学 国際学部 非常勤講師
3. 2009/09~2009/09 広島市立大学 国際学部 非常勤講師
■ 学内役職・委員
1. 2014/04/01~2016/03/31 明治大学 情報コミュニケーション学部教務主任
■ 教育上の業績
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2007/04 『冷戦』(再掲)
2. 2003/04 『「封じ込め」構想と米国世界戦略』(再掲)
3. 1998/04 ダウンロードしたインターネット資料の配布
■ 主要学科目
国際関係論 I ・II
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 米英関係を中心に冷戦史を研究中。社会科学研究所の個人研究費で「オバマと核軍縮」のテーマで研究を進めている。政経学部の伊藤教授を代表者とする大学院共同研究で東アジア・西太平洋における海洋をめぐる安全保障問題にも取り組んでいる。
■ 社会における活動
1. 2021/04~ 戦略研究学会理事
2. 2006/05~2006/05 広島平和文化センター主催「ヒロシマ・ピースフォーラム」講師
3. 2004/06~2004/06 広島平和文化センター主催「ヒロシマ・ピースフォーラム」講師
4. 2003/07~2003/07 広島平和文化センター主催「ヒロシマ・ピースフォーラム」講師
5. 1996/10~1999/03 広島市立大学広島平和研究所(仮称)設置準備委員会専門委員会 基本構想案策定委員会 委員
全件表示(9件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/10~2018/03  冷戦期の米英世界戦略と帝国的秩序の再編、1952年-1954年 基盤研究(C) 
2. 2015/04~2017/03  関与と封じ込めの二元論を超えて 機関内共同研究 
3. 2010/04~2012/03  冷戦期の米英関係と国際秩序変動、1950年-1957年 基盤研究 (C) 
■ 受賞学術賞
1. 2013/06 奨励賞(日本コミュニケーション学会)
■ 現在の専門分野
西洋史(Western History), 国際関係論(International relations)