(最終更新日:2018-11-20 02:14:49)
  ヨシダ タカヒコ   YOSHIDA Takahiko
  吉田 尚彦
   所属   明治大学  理工学部
   職種   専任講師
■ 著書・論文
1. 2018 論文  Adiabatic limits, theta functions, and geometric quantization RIMS Kôkyûroku  (単著) 
2. 2016 論文  Equivariant local index and symplectic cut RIMS Kôkyûroku 2016,pp.161-167 (単著) 
3. 2014 論文  The equivariant local index of the reduced space in the symplectic cutting MIMS Technical Report 00044,pp.1-7 (単著) 
4. 2014 論文  Torus fibrations and localization of index III Comm. Math. Phys. 327(3),pp.665-689 (共著) 
5. 2014 論文  Torus fibrations and localization of index II Comm. Math. Phys. 326(3),pp.585-633 (共著) 
全件表示(23件)
■ 学会発表
1. 2018/10/22 Adiabatic limits, theta functions, and geometric quantization(Symplectic Geometry Seminar)
2. 2018/06/05 Adiabatic limits, theta functions, and geometric quantization(研究集会“変換群論における幾何・代数・組み合わせ論”)
3. 2017/12/13 Adiabatic limits, theta functions, and geometric quantization of Lagrangian fibrations(Toric Topology 2017 in Osaka)
4. 2017/07/20 Theory of local index and its applications(Workshop on loop spaces, supersymmetry and index theory)
5. 2016/06/24 Theory of local index and its applications(水戸幾何セミナー)
全件表示(66件)
■ 学歴
1. 2003/03/28
(学位取得)
東京大学 数理科学研究科 博士課程修了 博士(数理科学)
2. 東北大学 理学部 数学科 卒業
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~  ウィッテン摂動を用いたディラック型作用素の指数理論とその応用 基盤研究(C) (キーワード:Dirac作用素,指数,Lagrangeファイバー束,Bohr-Sommerfeldファイバー,断熱極限)
2. 2012/04~2015/03  ディラック型作用素の局所指数の理論と幾何学的量子化 基盤研究 (C) (キーワード:Dirac作用素、解析的指数、Witten摂動、局所化、幾何学的量子化)
3. 2010/04~2012/03  ディラック型作用素の指数の局所化と特異ラグランジュファイバー束 若手研究 (B) 
4. 2008/04~2010/03  ラグランジュファイバー空間における局所トーラス作用の研究 若手研究 (B) 
5. 2009/04~2011/03  4次元スピン多様体とゲージ理論 基盤研究(C) 
■ 現在の専門分野
幾何学(Geometry) (キーワード:シンプレクティック幾何)