(最終更新日:2022-08-02 16:45:37)
  シバサキ レイジロウ   SHIBASAKI Reijirou
  柴﨑 礼士郎
   所属   明治大学  総合数理学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2022 論文  "Formulaicity and formulaic expressions in Japanese: An introduction" Journal of Japanese Linguistics  (単著) 
2. 2022/07 論文  「書評-Nevalainen,Terttu, Minna Palander-Collin and Tanja Säily(eds.)Patterns of Change in 18th-Century English: A Sociolinguistic Approach, Amsterdam: John Benjamins, 2018, xi + 311」 『近代英語研究』 38,71-79頁 (単著) 
3. 2022 著書  『英語史における定型表現(仮)』   (共著) 
4. 2021/11 論文  "Discourse markers in the making: Pragmatic differentiation of jijitsujoo from jijitsu in Modern through Present Day Japanese" East Asian Pragmatics 6(3),pp.303-329 (単著)  Link
5. 2021/11 論文  "Grammaticalisation of Discourse Markers in East Asian Languages: Introduction" East Asian Pragmatics 6(3),pp.271-281 (共著)  Link
全件表示(76件)
■ 学会発表
1. 2023/07 PANEL: Discourse-Pragmatic Markers of Chinese Origin in East Asian Languages(The 18th International Pragmatics Conference (IPrA18, Brussel, 2023)) Link
2. 2022/08 "Diachronic aspects of what matters is in American English and issues concerning grammaticalization"(2022 Seoul International Conference on Linguistics (SICOL-2022)) Link
3. 2022/03 「これからの定型表現研究を考える」(“Symposium on Formulaicity in Interactional Discourse 2022” (ONLINE) Afternoon session with project members’ research reports (Language: Japanese))
4. 2021/08 「適者生存?―二重最上級 bestest worstest から考察する近現代英語」(「近代英語協会第 38 回大会Zoom コンファレンス・シンポジウム」)
5. 2021/08 「周辺表現はどのように英語標準化時代を生き抜いたのか―3つの事例から考える」(イントロダクション)(「近代英語協会第 38 回大会Zoom コンファレンス・シンポジウム」)
全件表示(100件)
■ 学歴
1. カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校 言語学研究科 博士課程修了 言語学博士(Ph.D.)
2. 立教大学 文学研究科 修了 文学修士(M.A.) summa cum laude
3. 立教大学 文学部 卒業 文学士(B.A.) salutatorian
■ 学内役職・委員
1. 2019/04/01~ 明治大学 総合数理学部一般教育主任
■ 教育上の業績
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2019/07 『言語はどのように変化するのか』(Joan Bybee著, 小川芳樹・柴﨑礼士郎 監訳, 2019) 開拓社 Link
2. 2009/01 『言語文化のクロスロード-沖縄からの事例研究-』 Link
■ 主要学科目
English I A/I B, English II A/II B, English III A/III B (Presentation), English Test Preparation (TOEIC)
■ 所属学会
1. 日本英語学会
2. 2014/12~2017/11 ∟ 大会運営委員
3. 2015/12~2016/04 ∟ 国際春季フォーラム2016副委員長
4. 2016/05~2017/04 ∟ 国際春季フォーラム2017委員長
5. 国際語用論学会(IPrA)
全件表示(32件)
■ 資格・免許
1. 1998/03 高等学校教諭専修免許状(英語)
2. 1998/03 中学校教諭専修免許状(英語)
■ 社会における活動
1. 2022/03 「研究成果を国際的に発信するためのTips:文法研究」(社会言語科学会) Link
2. 2021/12 【語用論茶寮】「若手向け 国際学会・国際ジャーナルの経験談」(日本語用論学会) Link
3. 2021/05 "Thoughts on formulaic expressions in English in a cross-linguistic perspective" (Invited talk)
4. 2020/11 「特集 語用論研究の新潮流(3) - 歴史言語学、言語の使用実態、会話分析 」
5. 2019/12 「新刊紹介 西村秀夫(編)(2019)『コーパスと英語史』 (英語コーパス研究シリーズ第 6 巻)ひつじ書 房」
全件表示(13件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2022/04~  「構文化としての定型表現の発達と談話構造の並行進化について―英語史からの検証―」(研究代表:柴﨑礼士郎) 科学研究費補助金 基盤研究 (C) 
2. 2019/04~  「英語破格構文の歴史的発達と談話基盤性について―構文化の時間的・空間的拡がり―」(研究代表:柴﨑礼士郎, 課題番号: 19K00693) 科学研究費補助金 基盤研究 (C) 
3. 2017/04~  「日常の相互行為における定型性:話し言葉を基盤とした言語構造モデルの構築」(研究代表:鈴木亮子, 課題番号:17KT0061) 科学研究費補助金 基盤研究 (B) 
4. 2019/04~2021/03  「日本語と近隣言語における文法化の基礎的研究」(研究代表:Narrog Heiko, 課題番号: 16H03411) 科学研究費補助金基盤研究(B) 
5. 2016/04~2019/03  「投射構文の歴史的発達と構文化について-英語史からの実証研究-」(研究代表:柴﨑礼士郎, 課題番号: 16K02781) 科学研究費補助金 基盤研究 (C) 
全件表示(10件)
■ 委員会・協会等
1. 1996/06 日本中世英語英文学会東支部第12 回研究発表会 会場係
2. 2000/12~2001/08 アメリカ言語学会(LSA) 夏期集中講座2001準備委員
3. 2000/12~2001/08 Japanese/Korean Linguistics Conference 11 (JK-11) 大会準備委員
4. 2007/05~2007/11 日本語学会 2007年度秋季大会 大会準備委員 (於:沖縄国際大学)
5. 2010 John Benjamins Grammaticalization and Language Change 査読員
全件表示(19件)
■ 受賞学術賞
1. 2015/11 日本英語学会 「日本英語学会賞(論文)」(日本英語学会) Link
2. 2015/03 日本英語学会 「EL論文賞」(日本英語学会) Link
3. 2010/05 「優秀学術奨励賞」(近代英語協会) Link
■ 現在の専門分野
歴史言語学、談話研究、言語類型論、言語技術トレーニング (キーワード:歴史言語学、談話研究、言語類型論、文法化、英語史、規範文法、記述文法、日本語学、アジア諸言語) 
■ 担当経験のある科目・講演等
1. English IA/B (conducted in English, online/offline)(明治大学総合数理学部)
2. English II A/B (conducted in English, online/offline)(明治大学総合数理学部)
3. English III A/B (Presentation skills, conducted in English, online/offline)(明治大学総合数理学部)
4. English Test Preparation (TOEIC) , Online/Offline(明治大学総合数理学部)
5. 言語学 (conducted in English)(明治大学総合数理学部)
全件表示(13件)