photo
    (最終更新日:2021-09-09 12:18:52)
  タナカ ヒロミ   TANAKA Hiromi
  田中 洋美
   所属   明治大学  情報コミュニケーション学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 2021/08 論文  How Nissin Represented Naomi Osaka: Race, Gender, and Sport in Japanese Advertising Communication and Sport  (共著) 
2. 2021/04 著書  〈みる/みられる〉のメディア論   (共著) 
3. 2021/03 論文  若者によるソーシャルメディアの利用とジェンダー 情報コミュニケーション学研究 (20),95-110頁 (共著) 
4. 2021/02 著書  クリティカル・ワード メディア論   (共著) 
5. 2020/10 著書  International Encyclopedia of Gender, Media and Communication   (共著) 
全件表示(35件)
■ 学会発表
1. 2020/09/13 デジタルテクノロジーの広がりとジェンダー変容: ソーシャルメディアの新たな可能性とリスク(国際ジェンダー学会2020年大会)
2. 2020/06/07 現代メディアのジェンダー表象(国際ジェンダー学会メディアとジェンダー分科会)
3. 2019/06/29 身体の構築と表象:多様な身体とスポーツを考えるために(日本スポーツとジェンダー学会第18回大会シンポジウム)
4. 2019/03/20 Gender and the media in the digital age: old and new issues(Special Session: Gender and Information in the Digital Age, The 12th Srinakharinwirot University Research Conference)
5. 2018/09/01 ジェンダーとメディア研究の再構築に向けて:メディアをめぐる社会変動と新たな研究の必要性(国際ジェンダー学会2018年大会、ラウンドテーブル2「ソーシャルメディア時代のジェンダーとメディア」)
全件表示(40件)
■ 学歴
1. Ruhr-Universität Bochum 博士(社会学)
■ 職歴
1. 2014/04~ 明治大学 情報コミュニケーション学部 専任准教授
2. 2011/04~2014/03 明治大学 情報コミュニケーション学部 特任講師
3. 2008/04~2011/03 ドイツ在外人文科学研究所財団(現マックス・ヴェーバー財団)ドイツ日本研究所(DIJ Tokyo) 専任研究員
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2010/04~ オンライン授業の実施およびそのための動画等資料の作成・配信等の準備、評価基準の策定等
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2011/07 『コミュニケーション・スタディーズ入門』大修館書店(担当部分:「ジェンダーとコミュニケーション」158-180頁)
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2014 ダイバーシティ教育のための啓発キャンペーンの実施
■ 所属学会
1. International Communication Association
2. 国際ジェンダー学会
3. 日本スポーツとジェンダー学会
4. 日本社会学会
■ 資格・免許
1. 専門社会調査士(第001877号)
■ 社会における活動
1. 2019/03 東京都三鷹市男女平等参画啓発誌『Shall we?』第68号,有識者による「アドバイス」コーナー執筆
2. 2018/11 NHK総合『アサイチ』(11/26放映)コメンテーター
3. 2018/09 北区男女共同参画拠点施設スペースゆう「北区さんかく大学」講師
4. 2018/07 NHK大阪『かんさい熱視線』7/13放映「性別を超えるファッション ”自分らしさを着る」コメンテーター
5. 2017/12 日本教職員組合JTUニュース取材・対談記事「みんながハッピーな学校を〜LGBTについて学ぶ」
全件表示(8件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~  ナショナル、トランスナショナルなデジタルメディア空間におけるジェンダー規範の構築 基盤研究(C) 
2. 2020/01~2023/03  Emotional AI in Cities: Cross Cultural Lessons from UK and Japan on Designing for An Ethical Life 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2019/04~2022/03  ソーシャルメディアの広がりとジェンダー規範の形成に関する研究 科研費基盤(C) 
4. 2016/04~2019/03  女性雑誌におけるジェンダー表象 その他の補助金・助成金 
■ 委員会・協会等
1. 2020/06~ 目黒区男女共同参画審議会 委員
■ ホームページ
   http://www.hiromitanaka.net
■ 受賞学術賞
1. 2014/11 Graduate School at Srinakharinwirot University, Bangkok Best Paper Award, International Interdisciplinary Symposium, Knowledge Construction through the Lens of Social and Cultural Diversity
2. 2011/12 程ヶ谷基金「男女共同参画・少子化に関する研究活動の支援、並びにこれに関する顕彰事業」奨励賞
3. 2001/04 ハインリッヒ・ベル財団フェローシップ(Promotionsstipendium der Heinrich-Boell-Stiftung)
■ 現在の専門分野
社会学(Sociology), ジェンダー(Gender) (キーワード:ジェンダー、セクシュアリティ、メディア、ポピュラーカルチャー、ライフスタイル、ライフコース) 
■ 科研費研究者番号
70611739