photo
    (最終更新日:2021-08-09 12:40:23)
  マツウラ マサヒロ   MATSUURA MASAHIRO
  松浦 正浩
   所属   専門職大学院  ガバナンス研究科
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2020 論文  持続可能なニュータウンに向けたトランジション・マネジメント:みそのウイングシティにおける実験 ガバナンス研究 16,49-71頁 (単著) 
2. 2018 著書  Biofuels and Sustainability: Holistic perspectives for policy-making   (共著) 
3. 2018 著書  おとしどころの見つけ方:世界一やさしい交渉学入門   (単著) 
4. 2018 論文  2050年からの逆算で見える埼玉の住宅地の危機 埼玉司法書士会情報誌法Navi 7,10-11頁 (単著) 
5. 2017 論文  トランジション・マネジメントによる環境構造転換の考え方と方法論 環境情報科学 46(4),17-22頁 (単著) 
全件表示(24件)
■ 学歴
1. 2002/09~2006/09 マサチューセッツ工科大学 都市計画学科 博士課程修了 Doctor of Philosophy (Urban and Regional Planning) Link
2. 1996/09~1998/06 マサチューセッツ工科大学 都市計画学科 修了 Master in City Planning Link
3. 1992/04~1996/03 東京大学 工学部 土木工学科 卒業 工学士
■ 職歴
1. 2008/11~2016/03 国立大学法人東京大学 公共政策大学院 特任准教授 Link
2. 2007/01~2008/10 国立大学法人東京大学 公共政策大学院 特任講師 Link
3. 1998/10~2002/08 株式会社三菱総合研究所 研究員 Link
■ 学内役職・委員
1. 2020/04/01~ 明治大学 専門職大学院ガバナンス研究科ガバナンス専攻主任
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~2024/03  持続可能な社会に向けたトランジション・マネジメントにおけるフロントランナーの役割 基盤研究(C) 
2. 2020/04~2023/03  公正な脱炭素化に資する気候市民会議のデザイン 基盤研究(B) (キーワード:気候市民会議, 市民参加, 科学技術社会論, 合意形成, 熟議民主主義論)
3. 2020/04~2024/03  自転車交通の真の活用推進へエビデンスベース型トランジション・マネジメント 基盤研究(B) (キーワード:交通安全, トランジション・マネジメント, 自転車, 自転車観光, 自転車活用推進法)
4. 2017/04~2020/03  地球規模かつ超長期の複合リスクのガバナンスにおけるミニ・パブリックスの役割 基盤研究(B) (キーワード:科学コミュニケーション, 熟議民主主義, 気候変動, 市民参加, 脱炭素社会, 科学技術社会論, 合意形成, ミニ・パブリックス, 熟議民主主義論)
5. 2016/04~2020/03  我が国の自転車通行システムの整序化へのコンセンサス形成戦略 基盤研究(A) (キーワード:都市交通計画, 交通規制, 交通安全, 社会的合意形成, 双方向通行, トランジション・マネジメント, 自転車, 左側通行)
全件表示(21件)
■ ホームページ
   http://www.mmatsuura.com/
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
建築計画、都市計画, 土木計画学、交通工学, 政治学 (キーワード:交渉学、合意形成、熟議民主主義) 
■ 科研費研究者番号
70456101