(最終更新日:2022-08-30 22:09:03)
  シオツ フミタカ   SHIOTSU FUMITAKA
  塩津 文隆
   所属   明治大学  農学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 2021/07 論文  Higher temperatures during grain filling affect grain chalkiness and rice nutrient contents Agronomuy  (共著) 
2. 2021/01 論文  中国上海市で市販されている精米の理化学的・形態学的特性―2015 年産米の事例から  90(1),52-63頁 (共著) 
3. 2020/01 論文  Impact assessment of climate change on the major rice cultivar Ciherang in Indonesia Journal of Agricultural Meteorology  (共著) 
4. 2019/10 論文  Azoarcus sp. strain KH32C affects rice plant growth and the root-associated soil bacterial community in low nitrogen input paddy fields Soil Science and Plant Nutrition  (共著) 
5. 2019/09 論文  Morphological analysis on comparison of organic and chemical fertilizers on grain quality of rice at different planting densities Plant Production Science  (共著) 
全件表示(36件)
■ 学会発表
1. 2022/11 播種深度及び土壌水分の変化がイネの根の伸長へ及ぼす影響(第54回根研究集会)
2. 2021/03 一期作目収穫前後の施肥時期の変化が水稲再生二期作の収量,米粒品質に及ぼす影響(日本作物学会第251回講演会)
3. 2021/03 天水稲作における高吸収性ポリマーの施用がイネの生育および収量に及ぼす影響(日本熱帯農業学会第 129 回講演会)
4. 2021/03 天水稲作における高吸水性ポリマーの施用がイネの生育および収量に及ぼす影響(日本作物学会第251回講演会)
5. 2021/03 水稲再生二期作栽培における栽植密度の違いが再生茎の発生と収量形成に及ぼす影響(日本作物学会第251回講演会)
全件表示(14件)
■ 学歴
1. 2005/04~2008/03 愛媛大学 連合農学研究科 博士課程修了 博士(農学)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~2022/03  水稲再生二期作栽培における再生茎発育の遺伝的変異と収量形成 基盤研究(C) 
2. 2017/04~  インドネシアにおける地方適応計画策定のための気候変動影響評価 その他の補助金・助成金 
3. 2017/04~  気候変動に適応したイネの栽培技術に関する研究 個人研究 
■ 現在の専門分野
Crop science (キーワード:イネ、資源作物、収量、品質、地球温暖化) 
■ 科研費研究者番号
60543907