(最終更新日:2022-04-03 13:42:43)
  カイタ コウスケ   KAITA KOUSUKE
  海田 皓介
   所属   明治大学  商学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 2022/03 論文  Old English Forhātan and its Polysemisation in Middle English The Bulletin of Arts and Sciences, Meiji University 561,pp.77-96 (単著) 
2. 2021/09 論文  Tim William Machan, ed. Imagining Medieval English: Language Structures and Theories, 500-1500. Cambridge: Cambridge University Press, 2016, xiii + 320 pp. Studies in Medieval English Language and Literature 36,pp.129-134 (単著) 
3. 2020/09 論文  Emergence of Middle English hōten, meaning 'to promise' The Bulletin of Arts and Sciences, Meiji University 549,pp.1-20 (単著) 
4. 2020/06 論文  The interplay of Old English modal auxiliaries cunnan and magan and their conjoined phrases Energeia 45,pp.39-59 (単著) 
5. 2020/04 論文  On some formulaic uses of the Old English modal auxiliary willan Ihr werdet die Wahrheit erkennen: zum Gedenken an den Philologen Ewald Standop pp.73-84 (単著) 
全件表示(15件)
■ 学会発表
1. 2022/03/19 Sentence-Initial Modals in Old English: Speaker's Intention and Adhortative Power(A Symposium on Medieval English Syntax in Honour of Professor Michiko Ogura)
2. 2021/12/05 古英語hātanlætanの使役語法(日本中世英語英文学会第37回全国大会)
3. 2021/09 Old English forhātan and its Polysemisation in Middle English(Online Workshop 2021 'Word-Formation in Medieval English')
4. 2020/11 古英語と古高ドイツ語の2つの文献における「奨励」の概念について(日本歴史言語学会第10回大会)
5. 2019/11 Old English modal auxiliary willan: an adhortative candidate?(Oberseminar: Diachronic Linguistics and English Medieval Studies)
全件表示(31件)
■ 学歴
1. 2012/10~2013/03 千葉大学大学院 人文社会科学研究科 博士課程単位取得満期退学
2. 2009/10~2012/09 ミュンヘン大学 言語学国際博士課程LIPP (Linguistisches Internationales Promotionsprogramm) 博士課程単位取得満期退学
3. 2015/04/16
(学位取得)
ミュンヘン大学 Dr. Phil.
4. 2007/04~2009/09 千葉大学大学院 人文社会科学研究科 博士課程
5. 2005/04~2007/03 千葉大学大学院 文学研究科 修士課程修了 修士(文学)
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 2021/04~ 明治大学 商学部 専任准教授
2. 2019/04~2021/03 立教大学 文学部 兼任講師
3. 2019/04~2021/03 明治学院大学 文学部 非常勤講師
4. 2018/04~2021/03 明治大学 商学部 専任講師
5. 2017/04~2018/03 早稲田大学 理工学術院 非常勤講師
全件表示(12件)
■ 教育上の業績
●作成した教科書、教材、参考書
1. 2016/03 『大学生のためのライティング基礎』(千葉大学大学院人文社会科学研究科)
2. 2016/10 『大学生のためのプレゼンテーション基礎』(千葉大学全学教育センター)
■ 所属学会
1. 2018~ ドイツ文法理論研究会
2. 2017~ 日本歴史言語学会
3. 2006~ 日本中世英語英文学会東支部
4. 2019/04~2021/03 ∟ 会計監査
5. 2005~ The Society of Historical English Language and Linguistics (SHELL)
全件表示(7件)
■ 資格・免許
1. 2007/03/26 中学校教諭専修免許状(英語)
2. 2007/03/26 高等学校教諭専修免許状(英語)
■ 社会における活動
1. 2015/08 中世英語・英語史セミナー:現代英語の不思議をドイツ語の知識と中世の英語の知識で解き明かす?
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~  古英語・中英語の使役・勧誘表現:語彙交代とモダリティを中心に 若手研究 
2. 2013/04~2015/03  中英語における「必要性」と「可能性」を表す法助動詞の研究 日本学術振興会海外特別研究員 
■ 受賞学術賞
1. 2016/06 日本中世英語英文学会 松浪奨励賞(佳作)
■ 現在の専門分野
英語学 (キーワード:英語学、英語史、英語文献学、ゲルマン語文献学、歴史言語学) 
■ 担当経験のある科目・講演等
1. 中英語(ヴュルツブルク大学)
2. 英語形態論と語形成(ヴュルツブルク大学)
3. 国際研究交流論(千葉大学大学院人文社会科学研究科)
4. 外国語運用法(千葉大学大学院人文社会科学研究科)
5. 英語の歴史(フェリス女学院大学)
全件表示(9件)