(最終更新日:2021-10-15 11:30:03)
  ナオウミ エヴィーリン ジョイス   NAOUMI EVELYN JOYCE
  ナオウミエヴィーリン 
   所属   専門職大学院  グローバル・ビジネス研究科
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2020/03 論文  Meiji Business School and English Education in Academic Settings  MBS Review(16),pp.75-84 (単著) 
2. 2017/12 論文  “Active Learning and English Teaching:A Report on Work in Courses with a
Listening Focus” 津田塾大学紀要特別号Ⅰ 322-324頁 (共著) 
3. 2017/03 論文  “Business school reform: The impact of global Standards” MBS Review. No.13. 45-53頁  
4. 2016/03 論文  “A visit to a teacher training college in Lao PDR” Journal of Governance Studies No.12 (12),117-132頁  
5. 2015/03 論文  “Theme-based content courses as carriers for skill development in postgraduate English for General Academic Purposes” Journal of Humanities Vol. 21 (21),13-32頁  
全件表示(14件)
■ 学会発表
1. 2020/02 Intercultural Team Creation in MBA Courses(16th Annual Cam TESOL Conference on English Language Teaching)
2. 2019/10 Business English in Multicultural Settings(IATEFL Business Sig International Conference in Berlin, Germany)
3. 2017/03 Guest Lecturers In Theme-based postgraduate Communication Classes(MICELT 2016)
4. 2016/05 Case Studies in Interdisciplinary postgraduate English Academic Support Classes(CELC Symposium)
5. 2016/05 「Group work activities for reading academic journals in class」(全国語学教育学会)
全件表示(14件)
■ 学歴
1. シェフィールド大学 日本学・現代史 日本学・現代史専攻 卒業 学士
2. バーミンガム大学 第二言語教育 修士課程修了 M.A. (Teaching English as a Foreign/ Second Language)
■ 教育上の業績
●教育内容・方法の工夫(授業評価等を含む)
1. 2017/04~ 英語コースの留学生に対する英語コミュニケーションやリスニングやライティング指導,論文作成指導。
2. 2016/04~ 英文学専攻の学生や国際コースの学生に対する,英語のリスニングや学術論文作成の指導。
3. 2015/04~ 社会人学生に対し,英語でのビジネスのケーススタディを用いた講義や,国際的な変化に対応し得るビジネスマンを養成するために,実務事例を用い,ディスカッションやプレゼンテーションを行う講義。
4. 2008/04~2017/03 大学院研究科間共通科目におけるレベル別の「学術英語コミュニケーション」及び「英文学術研究方法論」のカリキュラムの開発と指導。
5. 2007/04~2009/08 ヨーク大学シューリック・スクール・オブ・ビジネスと共同で実施される,国際会計研修に向けたビジネス語学プログラムの開発と指導。
●実務教育についての特記事項
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 2003/01~ IATEFL(International Association of Teachers of English as a Foreign English)
2. 1997/04~ 大学英語教育学会(JACET)
3. 1996/09~ 全国語学教育学会(JALT)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2015/01~ EPAS Accreditation team member
■ 社会における活動
1. 2013/05~ Member of LEiA Editorial Board