photo
    (最終更新日:2021-11-08 12:40:16)
  オオヤ マサノリ   Oya Masanori
  大矢 政徳
   所属   明治大学  国際日本学部
   職種   専任准教授
■ 著書・論文
1. 2021/05 著書  Syntactic Similarity of the Sentences in a Multi-Lingual Parallel Corpus Based on the Euclidean Distance of Their Dependency Trees Proceedings of the 34th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation pp.225-233 (単著) 
2. 2021/03 論文  Analysis and Quantification of the Network of Lexical Connectedness Within a Text Based on Metrics Used in Network Analysis Global Japanese Studies Review, Meiji University 13(1),pp.15-38 (単著) 
3. 2020/03 論文  Structural Divergence Between Root Elements in English-Japanese Translation Pairs Global Japanese Studies Review 12(1),pp.107-126 (単著) 
4. 2019/11 論文  A Corpus-Based Investigation of Collexemes for Active-Passive Alternation in the English Part of an English-Japanese Parallel Corpus Proceedings of the 33rd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation pp.516-521 (単著) 
5. 2019/08 論文  Utilization of Dependency Type per Sentence to Identify Differences Among Genres of English Texts Proceedings of the 32nd Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation  (単著) 
全件表示(19件)
■ 学会発表
1. 2021/11/07 Three Types of Average Dependency Distances of Sentences in a Multilingual Parallel Corpus(Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC) 35)
2. 2020/10/24 Structural divergence between root elements in English-Japanese translation pairs(Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 34))
3. 2019/09/15 A corpus-based investigation of collexemes for active-passive alternation in the English part of an English-Japanese parallel corpus(Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 33))
4. 2018/12/02 Utilization of Dependency Type per Sentence to Identify Differences among Genres of English Texts(Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation (PACLIC 32))
5. 2018/06/28 Analysis of Learner-corpus Data Based on the Dependency-grammar Formalism(Asia TEFL)
全件表示(13件)
■ 学歴
1. 2005/10~2010/03 Dublin City University School of Computing 修士課程修了 Master of Science
2. 1997/04~2002/03 早稲田大学 教育学研究科 博士後期課程 教科教育学専攻 博士課程単位取得満期退学
3. 早稲田大学 博士(学術)
4. 1995/04~1997/03 早稲田大学 教育学研究科 修士課程 英語教育専攻 修士課程修了 修士
■ 職歴
1. 2014/10~2019/03 目白大学 外国語学部英米語学科 准教授
2. 2011/04~2014/09 目白大学 外国語学部英米語学科 教育専担専任講師
3. 2002/04~2006/03 早稲田大学 教育学部 非常勤講師
4. 1999/04~2002/03 早稲田大学 教育学部 助手
5. 1999/04~2006/03 國學院大學 非常勤講師
■ 主要学科目
English Linguistics, Advanced Reading & Writing
■ 所属学会
1. 2015~ 英語コーパス学会
2. 2008~ 日本英語学会
3. 2008~ 日本言語学会
4. 2007~ 大学英語教育学会
5. 2006~ 言語処理学会
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/04~2022/03  依存文法の枠組みを利用して複数文間の相互関係を可視化した英語コーパス構築 科学研究助成費 基盤研究 (C) (キーワード:コーパス言語学、自然言語処理、依存文法、自然言語推論)
2. 2017/04~2020/03  日英語対訳コーパスからの統語的不一致情報抽出とその活用 科学研究助成費 基盤研究(C) (キーワード:日英パラレルコーパス、一語文、依存文法、依存木の構造的不一致、コーパス言語学)
3. 2014/04~2017/03  依存文法とグラフ理論に基づく日英語文の構造特性分析 科学研究助成費 基盤研究(C) (キーワード:日英対訳コーパス、グラフ理論、グラフ中心性、構造的不一致、依存文法、統語的不一致、語彙機能文法)
4. 2012/04~2015/03  グローバル・リテラシー大学英語教育のモデル化と自動成果判定システムの開発 科学研究助成費 基盤研究(B) (キーワード:グローバル人材育成、オンデマンドコース、CEFR、自動採点、コンピュータ適応型テスト、学習者ログ、電子教科書、インタラクティブウィジェット、On-demand Courses、状況対応型口語テスト、口語英語力判定テスト、談話完成タスク、異文化交流授業、Critical Reading and Academic Writing、モバイル活用授業、e-Learning、コンピュータ適応型アチーブメントテスト)
5. 2008/04~2011/03  ICT活用授業のモデル化と異文化ソーシャルスキルの評価・測定 科学研究助成費 基盤研究(B) (キーワード:ICT活用授業、学習動機、異文化ソーシャルスキル、評価、測定、英語能力判定、異文化交流、英語能力自動測定テスト、ソーシャルスキル、遠隔授業、個人要因判定システム、学習動機測定、ICT、Social Skills、Assessment、動機測定)
全件表示(6件)
■ 委員会・協会等
1. 2021/09~ 環太平洋応用言語学会 副会長
2. 2021/04/01~2023/03/31 大学英語教育学会 (JACET)「大学英語教育学会賞・学術出版物選考委員会」 選考委員
3. 2020/10/01~ 大学英語教育学会 (JACET)JACET創立60周年記念ウィーク特別委員
4. 2017/04/01~ 大学英語教育学会 (JACET)国際大会組織委員会 本部委員
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 現在の専門分野
Linguistics (キーワード:Corpus linguistics, Dependency Grammar, syntax (Lexical-Functional Grammar)) 
■ 科研費研究者番号
60318748