(最終更新日:2020-10-12 10:59:54)
  ヤマグチ イクシ   Yamaguchi Ikushi
  山口 生史
   所属   明治大学  情報コミュニケーション学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2020/05 著書  An Exploratory Study on “Urban-Ecological Adaptation”, Gender Equality and Work–Life Balance in Japanese Companies. In U. D. Joshi & B. Caroline (Eds.), Urban Spaces and Gender in Asia (pp. 49-64). Switzerland: Springer.   (共著) 
2. 2020/03 論文  「日本版コミュニケーション・オーディット指標の改訂と英語バージョンの開発:多様な組織の調査と異文化比較調査での適用可能性」 『社会科学研究所紀要』 58(2),133-185頁 (単著) 
3. 2019/03 論文  Mediating Effects of Upward Communications on the Relationship Between Team Autonomy and Burnout: A Study of Employees at Care Facilities in Japan International Journal of Business Communication  (単著) 
4. 2019/02 論文  コミュニケーション研究における学問的多様性の意義 〔巻頭言〕 日本コミュニケーション学会ニューズレター(JCA News) (120),1-1頁 (単著) 
5. 2018/10 論文  異世代間の意見の対立を活かす〔巻頭言〕 経済情報 (1526),1-1頁 (単著) 
全件表示(120件)
■ 学会発表
1. 2020/10/10 組織コミュニケーション診断指標の異文化間因子構造比較:多母集団同時分析(国際ビジネスコミュニケーション学会第80回全国大会(オンライン開催))
2. 2020/02/26 HRM support systems and interpersonal support and communication for Japanese working carers to continue their jobs in their companies: Qualitative analysis with MAXQDA(MQIC 2020 (MAXQDA International Conference 2020))
3. 2019/07/09 Organizational Communication and Support for Avoiding Working Carers’ Leaving their Jobs(2019 ABC Asia and the Pacific 16th Conference (with World Communication Association))
4. 2018/12/14 組織コミュニケーション学におけるチームサイエンスの可能性と課題(チームサイエンス研究会)
5. 2018/10/26 Organizational Communication and Kakure-Kaigo or Hidden-Care Problems in Japan(Association for Business Communication 83rd Annual Conference)
全件表示(39件)
■ 学歴
1. ~1996/03 国際基督教大学 行政学研究科 組織コミュニケーション, 組織行動学 博士課程修了 博士(学術)
2. ハワイ大学(マノア) コミュニケーション研究科 異文化間コミュニケーション 組織コミュニケーション 修士課程修了 M.A. (Communication)
3. 1980/04~1984/03 同志社大学 卒業 学士
4.
(学位取得)
University of Hawaii 修士
■ 教育上の業績
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2012/04 明治大学研究活用知財副本部長・研究成果活用促進センター長
■ 所属学会
1. 1997/06 International Communication Association
2. 1988/08~ 日本コミュニケーション学会
3. 2008/06~2013/06 ∟ 広報局長
4. 1999~2014/10 Academy of Management
5. 1997/06~ 組織学会
全件表示(13件)
■ 資格・免許
1. 2004/10/01 専門社会調査士
■ 社会における活動
1. 2016/05~2016/05 科研費基盤研究B(平成24年―28年:研究代表者山口生史)「介護施設におけるケアの質向上のためのコミュニケーション・オーディットの研究」のための研究会
2. 2016/01~2016/01 科研費基盤研究B(平成24年―28年:研究代表者山口生史)「介護施設におけるケアの質向上のためのコミュニケーション・オーディットの研究」のための研究会
3. 2015/12~2015/12 科研費基盤研究B(平成24年―28年:研究代表者山口生史)「介護施設におけるケアの質向上のためのコミュニケーション・オーディットの研究」の調査結果報告兼施設内研修会講師
4. 2015/11~2015/11 科研費基盤研究B(平成24年―28年:研究代表者山口生史)「介護施設におけるケアの質向上のためのコミュニケーション・オーディットの研究」のための研究会の実施
5. 2015/11~2015/12 科研費基盤研究B(平成24年―28年:研究代表者山口生史)「介護施設におけるケアの質向上のためのコミュニケーション・オーディットの研究」の第2回パネル(縦断)調査結果の協力施設及び機関での報告
全件表示(11件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   組織公正理論と組織コミュニケーション 個人研究 (キーワード:組織公正理論,組織コミュニケーション,)
2.   組織内異文化間コミュニケーション  (キーワード:,,)
3.   異文化組織内の人々の動機づけプロセスの比較分析  (キーワード:,,)
4.   英語教育と動機づけ (動機づけ,英語教育)  (キーワード:,,)
5. 2014/02  SIETAR Japan (異文化コミュニケーション学会)ジャーナルの査読  
全件表示(10件)
■ 委員会・協会等
1. 2008/06~2010/12 所沢市市民活動支援センター設立準備委員会 委員長
■ メールアドレス
  kyoin_mail
■ 受賞学術賞
1. 2018/06 日本コミュニケーション学会 学会賞(優秀論文) (高齢者介護施設におけるケアの質の認識と職員間の情報共有との関係)
2. 2013/03 Best Paper Award,Association for Business Communication 12th Asia-Pacific Conference
3. 2012/03 Best Paper Award,Association for Business Communication 11th Asia-Pacific Conference
■ 現在の専門分野
コミュニケーション学(Communication studies), 異文化間コミュニケーション(Intercultural Communication), 組織行動学(Organizational Behavior), 組織コミュニケーション(Organizational Communication), 組織論(Organizatioal Studies) (キーワード:組織コミュニケーション、介護コミュニケーション、ビジネスコミュニケーション、組織行動学)