(最終更新日:2023-10-20 18:22:20)
  ヒロサワ エリコ   Hirosawa Eriko
  広沢 絵里子
   所属   明治大学  商学部
   職種   専任教授
■ 著書・論文
1. 2023 著書  M. Duppel-Takayama; R. Parr; Th. Schwarz (Hrsg.): Exotismen in der Kritik. Paderborn: Brill Fink 2023. [Eriko Hirosawa: Im Zwielicht des Imperialismus. Exotismus und Südseedarstellungen bei Hijikata Hisakatsu. S. 269-286.]   (共著) 
2. 2022/11 論文  (コラム)「南洋の記憶―土方久功の『流木』」 岩野卓司・丸川哲史(編)『野生の教養 飼いならされず、学び続ける』 171-174頁 (単著) 
3. 2022/03 論文  ドイツ語の動詞 ziehen(引く)のイメージについて(エッセイ) いすみあ 明治大学教養デザイン研究科紀要 (13),125 (45)-115 (55)頁 (単著) 
4. 2018/09 論文  水鏡に移るナルシス ルー・アンドレアス=ザロメの論文「二方向としてのナルシシズム」(1921年)におけるいくつかのイメージについて(研究ノート) 明治大学教養論集 福田逸名誉教授退職記念号 (通巻533号),157-166頁 (単著) 
5. 2018/03 論文  自伝的に書くこと―ルー・アンドレアス=ザロメの場合 明治大学人文科学研究所紀要 第83冊,175-189頁 (単著) 
全件表示(35件)
■ 学会発表
1. 2022/06/04 Koloniale Erinnerungen oder exotistische Phantasien? Hisakatsu Hijikatas Südseedarstellungen in der Nachkriegszeit(Exotismen in der Kritik. SOPHIA SYMPOSIUM 2022) Link
2. 2021/03/27 Das Leben im Wald. Hisakatsu Hijikata und seine ethnographischen Forschungen in Mikronesien. Eine biographische Skizze(Exotismen in der Kritik (Workshop 2021)) Link
3. 2015/03/17 Die Geburt des "Ich" in den psychologischen Texten Lou Andreas-Salomés(日本独文学会 第57回ドイツ文化ゼミナール "Autofiktion – Literarische (De-)Konstruktionen des Selbst")
4. 2010/08/02 Primat der Erinnerungen ? Marginalisierung des Autors. Zum Verhaeltnis zwischen Psychoanalyse und Autobiographie im Hinblick auf das Konzept 'Autofiktion'(第12回ドイツ語学文学国際学会(IVG)ワルシャワ)
5. 2009/05/30 Ein Gegenkonzept zur literarischen Autobiographie? Freuds Auseinandersetzung mit Kindheitserinnerungen(日本独文学会2009年春季研究発表会  シンポジウム「Auto-/Biographie. Erzaehltes Selbst, erinnerte Bilder」 於 明治大学駿河台校舎)
全件表示(12件)
■ 学歴
1.
(学位取得)
修士(文学)
2. ~1994/03 立教大学 文学研究科 ドイツ文学専攻 博士課程単位取得満期退学
3. 1981/04~1985/03 立教大学 文学部 ドイツ文学科 卒業
■ 教育上の業績
●教育方法・教育実践に関する発表、講演等
1. 2006/11/08~2006/11/08 国立情報学研究所主催・平成18年度学術情報リテラシー教育担当者研修の講師
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2020/02/24~ 明治大学評議員
2. 2017/04/01~2019/03/31 商学部一般教育主任
3. 2014/04/01~2016/03/31 大学院委員
4. 2011/04/01~2013/03/31 商学部商学科教務主任
全件表示(8件)
■ 主要学科目
ドイツ語 ドイツ語圏の文化
■ 所属学会
1. 日本ドイツ学会
2. 日本独文学会
3. 1995/05~1999/04 ∟ 日本独文学会ゼミナール委員会委員(ドイツ文化ゼミナール)
4. 1999~2001 ∟ ゼミナール委員会委員(文化ゼミ記録論集)
5. 2003~2006 ∟ 国際会議実行委員会委員
全件表示(6件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 1990/10/01~1993/03/31 ドイツ学術交流会(DAAD)の奨学生としてドイツ・ハンブルク大学文学部に留学
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   "ルー・アンドレアス=ザロメの芸術論 (ルー・アンドレアス=ザロメ,芸術論,精神分析)" 個人研究 (キーワード:"ルー・アンドレアス=ザロメ,,")
2.   19世紀末ドイツの女性文学-ルー・アンドレアス=ザロメを中心として 個人研究 (キーワード:,,)
3.   フィギュレーション概念による文化学の方法論の開発 国際共同研究 
4. 2009/04~2011/03  精神分析と自伝―ジークムント・フロイトとルー・アンドレアス=ザロメの比較研究 基盤研究 (C) 
5. 2003~2006  科学研究費補助金・基盤研究(A)(1)文学表現と<記憶>― ドイツ文学の場合 国内共同研究 
全件表示(7件)
■ 現在の専門分野
独語・独文学(German Language and Literature), 近現代ドイツ文学, 精神分析(Psychoanalysis), ジェンダー論(Gender and Identity) (キーワード:ドイツ文学,ジェンダー論,自伝,伝記,精神分析,フロイト,ルー・アンドレアス=ザロメ,日欧・日独文化接触) 
■ 科研費研究者番号
20277718